STUDIO D'ARTISAN

ONLINE SHOP

  • ホーム
  • STUDIO D’ARTISANについて
  • 店舗情報・取扱店舗
  • メンテナンス
  • お知らせ
  • ライブラリー
  • お問い合わせ

07/21 2020

そろそろ時期的に・・・

MAM’ARIJUAN 表参道店

有賀です。

 

 

 

 

 

まずは此方。

 

 

 

 

 

キャンペーン中ですよっ!!

stdenimpuc

6/6(土)から、7/31(金)の期間、

STUDIO D’ARTISANの「定番ジーンズ」

直営店にてお買い上げのお客様に

ポイント2倍キャンペーンを行っております!

まだ試したことがない方もこの機会にぜひっ!!

既にお持ちの方も、2本目~3本目用に、お得な期間をご活用して下さいねっ!!!

 

 

 

 

 

はい。

という事で、本日は有賀でございますよ。

 

 

 

 

 

最近の私は、めっきりと老眼が進んでおります。

 

 

 

 

 

 

 

ちょっとショックです・・・(笑)

 

 

 

 

 

 

 

いや、前々から、どうも目のピント合わせが遅くなったなぁ・・・

とは感じていたのですよ。

なんで、目薬とか使っているのですが、本格的にヤバくなって参りました。(汗)

本好きの弊害ですかね?

 

 

 

 

 

閑話休題。

 

 

 

 

 

さて、本日のタイトルですが、

T-Shirts等のS/S Itemではございませんよ。

 

 

 

 

 

 

 

となると、もう、お解りですね?

 

 

 

 

 

 

 

 

はい、此方。

DSC_0031

OR-4002C

Cossack Jacket

MATERIAL : Horse Hide

COLOR : Black

¥155,000+TAX

 

 

 

 

 

とても珍しい事に、登場してみました。(爆笑)

お腹が出てるのと、スマホを持っているのは置いといて下さい・・・

スマホは、これで、シャッター切ってますんでね・・・

 

 

 

さて、本題です。

 

 

 

ORGUEILが誇る、傑作Leather Jacketの一つ、

「Cossack Jacket」でございますね。

 

 

 

 

 

所謂「Leather Jacketの原型」と云われる型の一つ。

 

 

 

 

 

近年では、他BRANDさん等もお作りになってますが、

ORGUEILとは決定的に違うトコが、何点かありましてね。

 

 

 

久しぶりにちゃんとご紹介しようかなと。

 

 

 

先ずは此方。

DSC_0032

Cossack Jacketと言ったら、Shawl Collarですね。

ここがShawl Collarでは無いJacketは、Sports Jacketとなるのです。

(Buttonであってもですよ)

 

 

 

但し、この部位はCossack JacketならShawl Collarって事なので、

他BRANDさんも同じなのです。

 

 

 

と、いう事で此方。

DSC_0034

先ずは、着丈です。

 

 

 

良く店頭にて、

「ORGUEILのCossack Jacketは着丈が長くないです?」

と言われますが、凡そ、私が指で挟んでいる分、実際に着丈は長めです。

 

 

 

そして。

DSC_0036

此方はちょっと解り難いかもなので、私の手とは反対のポケットをご覧下さいな。

 

 

 

スクエアポケットではなく、ヒョウタンの様な形のポケット。

「ポケットに入れやすく、出辛い形状」です。

ポケット内の物を、無くし難い様、考案された形。

 

 

 

そして。

DSC_0037

肩裏のヨークの形も意味があります。

何故に直線で無く、ラウンドする様になっているのか。

 

 

 

ここについては、ちょっと話しが長くなるので割愛。(汗)

お知りになりたい方は店頭にてお尋ね下さいな。

 

 

 

ここまでが、他BRANDさんとの違いですが、

その理由は、「年代」・「国(地域)」・「年代による使用用途」により、

違いが生まれております。

 

 

 

先ず、「年代」。

他BRANDさんがモチーフにされているのは、1930年代。

ORGUEILのモチーフが、1830年代。

この100年の差が、他の違いにも大きく関わって来ます。

 

 

 

続いて、「国(地域)」。

他BRANDさんがモチーフにされているのは、上記年代のアメリカ。

ORGUEILのモチーフが、上記年代のヨーロッパ。

 

 

 

んで、「年代による使用用途」ですが、これは「移動手段」の事。

1930年代だと、既に、車・バイク(モーターサイクル)・飛行機があります。

1830年代は、上記の乗り物がまだ無く、馬(馬車)やロバ等が移動手段。

 

 

 

なので、

「乗り物のシートに座り易い様、着丈短めで、

 乗車中に上下の動きが無いから、ポケットはスクエア」が、他BRANDさん。

変わって、

「馬に乗った時に腰が出ない様、着丈長めで、

 乗馬中の上下運動でポケット内から出てこない様に、ポケットはラウンド」

がORGUEILとなります。

 

 

 

100年でここまでの違いが時代的に生まれた訳ですね。

 

 

 

ついでに。

DSC_0038

モチーフは古くても、内生地は着易い様に、身体が滑り易いサテン生地を、

台場仕立てにて合体させてます。

パイピングが良い雰囲気ですね。

まぁ、台場仕立て自体がとても大変な作業なので、これぞORGUEILって拘りです。

 

 

 

DSC_0040

この馬革の質感が、着用すればするほどに、より、良い雰囲気に仕上がってくれます。

 

 

 

ところで、馬革(Horse Hide)と牛革(Cow Hide)の、

「質感の違い」をお電話等で良く聞かれるので、画像にて。

DSC_0042

Cossack Jacketの牛革タイプである、OR-4002B(画像 左)と比べると、解り易いですかね。

牛革はシボ感が強く、寄っている皺も小さい(細かい)ので、見るからに柔らかそうですね。

馬革はサラの状態なので、シボ感は無く、皺も大きい(長い)ので、固そうな雰囲気。

 

 

 

DSC_0043

触ってみると、直ぐ解る点なのですが、私が触れている部位などに簡単に皺が寄ってますよね。

変わって、馬革の方は触れていないのに、肩口の縫製部が浮き上がってます。

 

 

 

DSC_0044

もっと寄ってみるとシボ感の違いもお解りになるかと。(笑)

牛革は「柔らかくテロンって感じ」で、

馬革は「硬くパリっとした感じ」ってところですか。

 

 

 

なので、馬革(Horse Hide)の方は、

「購入して直ぐは着辛い、使い難い、カッコ悪い」

となるので、我々が良く言う「育成期間」が必要なのです。

 

 

 

まぁよく、育成期間無しで着用している方を、界隈で目撃したりするのですが、

「動き辛く無いのかな?」

「辛くないのかな???」

と、思ってしまいます。

 

 

 

見れば、解りますからね。(笑)

 

 

 

逆に、「着こんでいて、柔らかそうな馬革」だと、

単純に「カッコイイな」と思ったりします。

 

 

 

 

 

育成期間は、かなり大事ですから。

 

 

 

 

 

なので、今時期に各店舗で、プッシュしているのですよ。

今時期なら、「お家で育て易い理由」があったりしますしね。

 

 

 

なんだか、また、長いBLOGになってしまいましたね・・・

 

 

 

ここまで、お付き合い下さり、ありがとうございました。

 

 

 

今日のBLOGで解らない事等がありましたら、

お気軽にご来店orご連絡下さいな。

 

 

 

では、本日はここまで。

 

 

 

ご来店頂ける際は、まだまだ、道中くれぐれもお気をつけ下さいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

それでは、明日もM’ARIJUAN 表参道店にてお待ち致しておりますよ。

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

世界に一枚だけのRare Jacket!!!

081

OR-4160P

Cossack Zip Jacket (Special Limited Model)

COLOR : Black

SIZE : 40

¥215,000+TAX

 

 

 

 

フルベジタブルタンニンの馬革を1mm厚に漉いて仕上げた、

Zipper FlyタイプのCossack Jacket。

 

 

 

ORGUEILの主人である、

Mr. Elmwoodsのデザインを手掛けた、

Lucky Rudy氏による、手書きのペイントが施された、

唯一無二の完全限定Model。

(こんなご時世ですので、まだあります・・・。)

 

 

 

 

 

 

大阪・表参道・横浜元町・恵比寿、直営店は海外からのお客様向けに免税対応致します。

手続き等で少しお時間のかかる場合もございますので

ご理解・ご了承頂きますよう、宜しくお願い致します。

 

 

STUDIO D’ARTISAN 

is Tax free shop for travelers.

You can enjoy shopping by Tax free in

in Osaka and Tokyo and yokohama-motomati and ebisu

 

 

 

 

 

 

 

ブログ用ロゴ

 

 

SNS

 

glyph-logo_May2016


@marijuan_tokyoshop

 instagram更新しております!

M’ARIJUAN 表参道店の公式アカウント

随時更新中ですっ!!!

是非フォロー宜しくお願い致します。

 

 

M’ARIJUAN 表参道店 店長 有賀(あるが)の

アイテム紹介とかコーディネートとかの「マリジュアン店長」のアカウント(笑)

https://www.instagram.com/marijuan_tokyoshop_/

是非フォロー宜しくお願い致しますっ!!

 

 

 

f_logo_RGB-Black_250

 

STUDIO D’ARTISAN & SA. OFFICIAL Facebook

 

ORGUEIL OFFICIAL Facebook

 

 

Lightningweb007

M’ARIJUAN OMOTESANDO(マリジュアン表参道店)

 

〒150-0001

東京都渋谷区神宮前6-13-1

原宿川名ビルB1(Google Map

 

OPEN/11:00~20:00

TEL 03-5774-6479

MAIL darti-tokyoshop@dartisan.co.jp

 

 

最近の投稿

記事一覧へ

MARIJUAN 表参道店公式Instagram

表参道店スタッフが、コーディネートやピックアップアイテムをインスタグラムにアップしております。

MailMagazine お得な情報配信中!
  • Twitter
  • Facebook

ONLINE SHOP

ページトップへ